HTMLマークアップ

コンパイルおよび縮小されたCSSとJavaScriptを<head>HTML5ドキュメントの要素に追加します。UIkitアイコンライブラリも含めます。基本的な設定は以上です。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <title>Title</title>
        <meta charset="utf-8">
        <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
        <link rel="stylesheet" href="css/uikit.min.css" />
        <script src="js/uikit.min.js"></script>
        <script src="js/uikit-icons.min.js"></script>
    </head>
    <body>
    </body>
</html>

UIkitをドキュメントに組み込んだら、利用可能なコンポーネントを確認し、ページの要素内に独自のマークアップを作成します。