テーマを構成する方法

前の例では、全てのカスタムルールを「/custom/my-theme.less」に直接追加しています。いくつかの変数を変更して完成としている場合は、全く問題ありません。

ただし、大規模なカスタマイズの場合は、このファイルをLessコンパイラのエントリポイントとしてのみ使用することをお勧めします。サブフォルダー内のコンポーネントごとに、全てのルールを1つのファイルに分類することをお勧めします。デフォルトのテーマ「/src/less/uikit.theme.less」にあるものと同じ構造です。

NOTE例では、完全なUIkitプロジェクトの「/custom」ディレクト

Lessで独自のテーマを作成する方法

UIkitをインストールすると独自のカスタムテーマを作ることができます。Lessは、UIkitスタイルが記述されている言語です。CSSルールを手動で上書きするのではなく、ビルドすることでカスタマイズをすることができます。